RSS
Admin
Archives

素+象sozou建築設計事務所

プロフィール

sozouarc

Author:sozouarc
京都で設計事務所をしています。店舗内装から住宅の設計などなど。住まいや、建物のことで困ったことがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。京都に限らず、呼ばれたらどこへでも行きます!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06
14
いよいよ工事に入っていきます。
 工事に入る前に建物を建ててもらう施工会社を決めるわけですが(あたりまえですね)、一般的には、住宅ですと工務店など。もう少し大きくなって5階建て程度の賃貸マンションやテナントビルですと小さな地元の建設会社などに。もっと大きな十数階建て、数十階建ての建物は全国に支店がある建設会社などが工事を行ったりします。
 設計事務所も施主さんから要望があれば施工会社決定時にアドバイスをしたりすることもあります。
 さて、施工会社も決まり工事に入っていくわけですが、工事期間中の設計事務所の役割は「監理」というものになります。
 これは、施主さんとの打ち合わせを元に作成された設計図通りに工事が行われているかをチェックしていく業務です。もしも設計図通りに工事されていなければ、直す様に指示したり、完成すると見えなくなる壁の中や、床下などもしっかりと施工されているかを見極めます。
 基本的には1週間から2週間に1回程度工事現場に出向いて、工事の状況を確認し施工会社の方と打ち合わせをして業務を進めていきます。
 これを工事の期間中最後まで定期的に行っていきます。
 そしていよいよ建物の完成を迎えるわけです。
 っということで次回へ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。