RSS
Admin
Archives

素+象sozou建築設計事務所

プロフィール

sozouarc

Author:sozouarc
京都で設計事務所をしています。店舗内装から住宅の設計などなど。住まいや、建物のことで困ったことがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。京都に限らず、呼ばれたらどこへでも行きます!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.05
19
Category : 建築
Theme : 建築
Genre : ライフ
フランス滞在、二日目。

この日は建築界の巨匠の原点、ともいえる建築に会いに行きます。

巨匠の名は ル・コルビュジェ(Le Corbusier)。

近代建築の祖の1人と言われています。

しかし、私を含む現代の人たちが、彼が設計した建物を見ても

普通やん。

って思うかもしれません。

しかし、彼が活躍し始めた1920年代の建物と言えば、パリの街並みに見られるように

「建物の表面などに装飾を施すことが良い」

とされた時代。

その時代に、装飾を一切取り払った建物を

「これがこれからの建物だ!」

と言って、機能性を追及した設計を打ち出した建築家です。

彼は近代建築五原則というものを発表します。

自由な平面
自由な立面
水平連続窓
ピロティ
スロープ

この5つの要素は、今となっては、さほど珍しくもない事ですが、

当時、建物を壁で支えていたヨーロッパでは、柱で支えるというのは大変斬新でした。

では、その建物を見に行きます!


まずは、電車に乗りパリをはなれポワシー(Poissy)へ。
IMG_0611.jpg


ポアシーに到着。
こちらの街並みも時代を感じさせる景観です。
IMG_0621.jpg


到着しました。
この看板が目印。
IMG_0623.jpg


建物まで長いアプローチがあります。
IMG_0624.jpg


外回りは後ほど紹介するとしまして、
居間です。
明るい空間に出来上がっています。
IMG_0636.jpg


こちらは台所。
シンプルで機能性が重視されています。
IMG_0644.jpg


ドアノブもシンプルなデザインです。
このデザインは、この建物共通のようです。
IMG_0640.jpg


廊下。
部屋を広くとる分、廊下は最小限の幅になっています。
片面だけブルーに塗られているのがきれいですね。
IMG_0646.jpg


これは浴室です。
こちらは寝室に面して計画され、
ベッドのようなところは、ここで横になってくつろいだとか。
IMG_0660.jpg


書斎です。
色使いがきれいです。
IMG_0666.jpg


こちらは2階にあるテラスです。
向こうに見える居間との間の大きなガラス面が特徴的です。
このガラスは、横にスライドさせて開閉させます。
IMG_0668.jpg


五原則の一つであるスロープです。
IMG_0670.jpg


テラス。
こうやって見ると、
横長の窓、自由な立面、壁からの解放
という特徴がよくわかります。
IMG_0671.jpg


スロープです。
IMG_0673.jpg


1階ホール。
突き当りの黒い扉が出入口です。
IMG_0690.jpg


外部のピロティです。
正面の黒いドアが出入口です。
IMG_0692.jpg


外観です。
1階はピロティ状です。
2階は横長の窓で、自由なデザインとなっています。
そして、外観に装飾はありません。
IMG_0693.jpg


さあ、巨匠の世界とお別れです。
IMG_0696.jpg


今振り返ってみても、
この目で実物を見た時の感動がよみがえってきます。

それだけ、偉大な建築であり、この住宅の歴史的な意味を知ると
彼の思想の高さをうかがい知ることができます。

もちろん、今回訪れる前からさまざまな建築関連の書籍で、
その姿かたちから成り立ちまで知っていたわけですが、
実際に見るとその存在感に大変刺激を受けました。

やはり、実際に訪れてその空間に身を置き、その世界を体感することは
何物にもかえがたいものです。

期待していた以上に楽しめた時間でした。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。