RSS
Admin
Archives

素+象sozou建築設計事務所

プロフィール

sozouarc

Author:sozouarc
京都で設計事務所をしています。店舗内装から住宅の設計などなど。住まいや、建物のことで困ったことがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。京都に限らず、呼ばれたらどこへでも行きます!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.04
30
Category : 建築
Theme : 建築
Genre : ライフ
ステンドグラスがきれいなSainte Chapelleを出た後は、もう一度北へ向かって歩き、ポンピドゥーセンターを目指します。

通りにある時計です。きらびやかでとても美しいデザインです。
IMG_0439.jpg

セーヌ川を渡り…。
IMG_0443.jpg

見えてきました。ポンピドゥーセンターです。
IMG_0445.jpg


ポンピドゥーセンター(Le Centre Pompidou)は、この施設の発案者でもある 
Georges-Pompidou大統領から名前をもらった現代芸術の美術館です。

設計はレンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースです。

レンゾ・ピアノは関西ではお馴染みの関西国際空港の設計者です。

リチャード・ロジャースは京都の人はお馴染み新風館の改装の設計者です。

後で写真が出ますが、この美術館はかなり大きく、パリの街区の1ブロック分の大きさがあります。
周囲の他の建物と比べてもその巨大さが分かります。

そして、その外観が特徴的であり、室内の配管や空調のダクトや通路など邪魔なものを外壁より外側へ出してしまい、
室内をすっきりさせるという趣旨で設計されたため、外壁面は配管だらけです。

当然ながら、建設当時のパリでは、景観にそぐわないとされ大反対にあいました。

工事は妨害されます。

その時彼らがとった行動は、なんと夜中にこっそり材料を運び込んでしまう!

なかなか、したたかな人たちです(^^)/

しかし、反対者だけでなくもちろん賛成するひと、協力者もいたことは確かです。

そして、このプロジェクトが成功したことは現在の状況がそれを証明してくれます。

現在は、世界各地から訪れる人が後を絶たない、世界でも有数の美術館です。


外観です。斜めのチューブは外部にあるエスカレーターです。
この日も多くの人が訪れていました。
IMG_0446.jpg

前の広場で演奏するおじさん。
IMG_0447.jpg

反対からの外観。前の広場が周囲の建物との緩衝域の役割も果たしています。
IMG_0448.jpg

建物入口から広場を見ます。広場が少し傾斜しているのがわかりますね。
IMG_0451.jpg

中に入って、消火栓。これもむき出しです。
IMG_0454.jpg

2階から、入口吹き抜けホールを見ます。天井も青く塗られた配管がむき出しです。
IMG_0457.jpg

そして、先ほど外から見えていたエスカレーターに乗って上の階へあがっていきます。
IMG_0460.jpg

上では、パリの街が一望できます。これだけでも、この美術館の大きさがわかりますね。
IMG_0468.jpg

そして、更に通路を歩き。
IMG_0469.jpg

先ほどより更に上へと上がってきました。
IMG_0477.jpg

そして、展示室内に。さまざまな現代芸術が展示されていました。
IMG_0480.jpg

こちらは、建築の展示コーナーに展示されていた、あるプロジェクトの模型です。
IMG_0482.jpg

裏側です。こちらのほうが、配管がむき出しの様子がよりわかるかと思います。
IMG_0492.jpg

同じく、裏側。
IMG_0489.jpg


最初はただただ大きさと斬新さに圧倒されていました。
慣れてくるにつれ、周囲の歴史的な建物との対比、そしてその上で都市の一部として存在している事実。
自分ならどうするかというような自問自答を含め、大変刺激を受けた時間でした。

Centre national d'art et de culture Georges-Pompidou
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。