RSS
Admin
Archives

素+象sozou建築設計事務所

プロフィール

sozouarc

Author:sozouarc
京都で設計事務所をしています。店舗内装から住宅の設計などなど。住まいや、建物のことで困ったことがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。京都に限らず、呼ばれたらどこへでも行きます!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03
13
Category : 福祉
Theme : 最近の出来事。。
Genre : ライフ
もう2週間ほど前になりますが、2/28、3/1と、ユニバーサルミュージアム研究会の会議に参加してきました。

ユニバーサルミュージアムとは、視覚などの障害がある方もそうではない方も共に楽しめる展示を実現したミュージアムで、

この研究会は、その手法などを研究する団体です。

いつもは、大阪の万博公園内にある国立民族学博物館であるのですが、今回は東京の国際基督教大学でありました。

二日間にわたり、数人の発表者が自分の専門分野について話します。

展示品である土器や漆の器に触ってその説明を受けたり、

全盲、弱視などの視覚の障害の程度、障害を持った年齢から出てくる認識能力の違い、

本物とレプリカの位置づけの変化、

大阪の街を視覚障がいの方と散策した時の様子、

センサーで人を検知し、自動的に説明が始まるシステム、

音だけのお化け屋敷

などなど

他にも様々な話がありました。

自分でも、視覚に障害があるに向けて展示会を行いましたが、

改めて、

障がいと言っても個人差があり、一括りでとらえて設計したのでは本当の意味でその方たちのためになるとは限らない。

という事を実感しました。

また、

見えない人も見える人も同じ場を共有して共に楽しむことができる。

という事も感じました。

大変内容の濃い二日間でした。

UM1.jpg

UM2.jpg

UM3.jpg
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。