RSS
Admin
Archives

素+象sozou建築設計事務所

プロフィール

sozouarc

Author:sozouarc
京都で設計事務所をしています。店舗内装から住宅の設計などなど。住まいや、建物のことで困ったことがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。京都に限らず、呼ばれたらどこへでも行きます!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07
22
Category : 福祉
Theme : 最近の出来事。。
Genre : ライフ
この間の日曜日は、京都ユニバーサルミュージアムの定例打合せでした。

まずは、ゴールデンウィークに行った、第一回の展示会の反省会と今後への活かし方、

そして、報告書の作成についてでした。

振り返ってみて、私自身の感じたところは、

本家のユニバーサルミュージアム研究会が、だれもが触って楽しめる展示、を追及しているのに対して、

京都UMは、視覚障碍者に伝える展示を目指していたこと。

このずれが、先日の本家UMでの発表でも指摘されたところでした。

改めて、だれもが触って楽しむ

という意味を考えさせれましたし、気づかされた部分でした。

でも、そのずれを指摘されたということは、我々の考えはきちんと伝わっていたことですし、

そこは成功というべきではないかと思います。


また、今回の展示はやはりしっかりとした報告書を作って、みんなに知ってもらうべきだと思います。

そういう声も周りからいただいているので、報告書ができましたら皆さんに見ていただこうと思います。


他には、9/28に難波である、ライトハウス展に出展が決まったこと。

そのセッティングの打ち合わせ。

また、第二回の内容をどうするかなどを話し合っていました。


今回の、打合せ場所は、なんと京都市内のお寺さん。

そこの蔵もなかなか魅力的な場所だったので、

ゆくゆくはそこでも何かしたいなと思っています。


京都UMの今後にもご期待ください。



☆毎日一つの身体障害者トイレ!平日日刊100WC こちらでご覧になれます。

☆福祉とデザインの融合を目指す!素+象sozou建築設計事務所のHPはこちら

☆素+象sozou建築設計事務所のfacebookページはこちら
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。