RSS
Admin
Archives

素+象sozou建築設計事務所

プロフィール

sozouarc

Author:sozouarc
京都で設計事務所をしています。店舗内装から住宅の設計などなど。住まいや、建物のことで困ったことがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。京都に限らず、呼ばれたらどこへでも行きます!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09
13
Category : 建築
Theme : 建築
Genre : ライフ
私は、週に1回建築の専門学校で非常勤講師をしているわけですが、そこの学生の一人と梅田に新しくできた安藤忠雄設計
の巨大書店に行く機会がありました。

用事は法令集を買うのでどれがいいか一緒に見に行くというものだったのですが、彼は建築専門の書棚にならぶ世界中の
ジャンルも様々な建築の本を目の当たりにし、目を輝かしていました。少し行っては立ち止まって本を手に取り、また、となり
の棚へ。
きっと、見たこともない知識の連続だったに違いありません。
建築の本は高価なため、そう何冊も買えるわけではないのですが、彼は目的の法令集のほか2冊を手に取り、レジへ向かっ
たのでした。
時間があればこちらも、もっといろいろ説明してやりたかったのですが、あいにくと仕事があったため短時間でその書店を後
にしたのでした。
建物の方も、安藤忠雄設計ということで一生懸命見ていました。

いろんなことに目を輝かせ、懸命にスポンジのように何でも吸収していた、学生のころを思い出した夕暮れ時でした。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。