RSS
Admin
Archives

素+象sozou建築設計事務所

プロフィール

sozouarc

Author:sozouarc
京都で設計事務所をしています。店舗内装から住宅の設計などなど。住まいや、建物のことで困ったことがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。京都に限らず、呼ばれたらどこへでも行きます!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07
09
Category : 建築
Theme : 建築
Genre : ライフ
だいぶ前の話になりますが、2008年の12月に建築家I.M.ペイ設計によるイスラム美術館が完成しました。
イスラムの要素を取り入れながら、それを現代的にアレンジした大変美しい建物です。
ただたんにイスラムの文化を模倣するだけではなく、次の時代の新たな解釈としてデザインする。建築は数十年と存在し
続けるものであるだけに、それだけの時代の評価に耐えられるだけの価値を持ち続ける必要があります。
全景

イスラム美術館夜景

現在の日本にそれだけのものがあるかと考えさせられました。

I.M.ペイの日本での建築は、滋賀県信楽にあるミホミュージアムです。
皆さん是非行ってみてください。
http://www.miho.or.jp/

I.M.ペイと言えばもう一つ忘れてはならないのはルーブル美術館のガラスのピラミッドです。
ルーブルピラミッド1

ルーブルピラミッド2

彼は、この建築を設計するにあたり、初めて歴史というものを深く考えるに至ったと言っています。
この方かなりの高齢ですが、そのような人であってもそこまで深く歴史について考えさせられるルーブルの歴史に強く惹か
れます。
ルーブルと言えば、ダヴィンチ・コード。
映画のラストでは、イエス・キリストの妻と考えられるマグダラのマリアがそのピラミッドの下に眠るとされていましたが、そ
の事を暗示した言葉であればなおいっそうその歴史的なロマンに惹かれますね。
ま、映画が事実であればの話ですが・・・。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。