RSS
Admin
Archives

素+象sozou建築設計事務所

プロフィール

sozouarc

Author:sozouarc
京都で設計事務所をしています。店舗内装から住宅の設計などなど。住まいや、建物のことで困ったことがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。京都に限らず、呼ばれたらどこへでも行きます!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01
19
Category : 建築
Theme : 建築
Genre : ライフ
このページをご覧いただきありがとうございます^^

まずは、社名の由来を是非知ってもらいたいと思います。

私が開業前に勤めていた設計事務所は、老人ホームなどの福祉施設を数多く手掛ける設計事務所でした。その当時、老人ホームは4人一部屋が主流で、介護の方法も介護者主体の考えに基づいて行われる事が多い状況でした。入居者が50人いれば50人が、決められた時間に同じ様に介護を受け食事をとる。そこに個人の違いや都合はないように見えました。
そんな中、その設計事務所はその様な状況に異を唱え、旧制度の中で全室個室をめざし、可能な限りお年寄りの暮らしを良くしようと設計を行っていました。

そうして完成した全室個室で個別のケアがなされる老人ホームに移ってこられたお年寄りの皆さま。

しばらくすると変化が現れました。

寝たきりだった方がみんなと話したいと仰ったり、自分たちで一日のスケジュールを決めたいと要望があったり。

この状況は、個室を作ることで私的空間と食堂などの公的空間の区別ができたためだと教えられました。

1人になれる場所とみんなといられる場所。

そのメリハリが心の変化を生んだのではないかと。

それを聞いたとき私の中に一つの考えが出てきました。

これは、お年寄りに限らず誰でも同じなのではないかと。

例えば、常に他人と一緒の生活。食事時間も同じ。献立も選べない。建物の外へは1人で出られない。そういうところでこれからずっと暮しなさいと言われたら、おそらく誰でも生きる気力が失せてしまうでしょう。
本当に大切なことは当たり前のことが当たり前にできるということであり、そういう物事の本質を形にするということが、使う人の役に立ち長く使われていく環境を生むことにつながるのではないだろうか。
その考えを忘れないように、社名に物事の本質(素)を形にする(象)の2文字を入れました。
建物とそれを使う人たちが良い形でめぐり会った時、建物の可能性はどこまでも広がっていくと信じています。


なぜ、福祉とデザインの融合を考えたのかというと・・・
前述した老人ホームの設計をしていく中で、もう一つ気付かされたことがあります。入居されるお年寄りが数十名になるような老人ホームの場合、建物の規模が大きくなるため広い敷地が必要となります。そのため建設場所は自ずと山奥や田舎の方になってしまいます。
完成すると、その山奥や田舎に様々な場所からお年寄りの方たちが引っ越してきます。その方たちを見ていると、どうも元気がないように見える方が少なくありません。
その原因は様々で、先ほどの環境もあったり、他には知らない人ばかりだというのもあるかもしれません。

阪神大震災後の復興住宅では住宅が割り当てられるときに、震災前に住んでいた御近所同士という事柄が、あまり意識されることなく割り当てられたため、震災後のショックと知っている人が周りにいないことなどからお年寄りの孤独死が問題になりました。

顔見知りのご近所さんがいて、いつも買い物に行く市場で会話をする。ご近所全体でお互いを見守り合うことで孤立を防ぐ。そのためには住みなれた場所で暮らし続ける事が必要です。

そのようは場所を作りたいと考えています。

例えば家であれば、家族構成の変化に対応できる間取り、手摺などを後からつけられる様な工夫。などなど。

私は設計が仕事ですので、ただ便利というだけではなく設計力、デザイン力を最大限に出して、便利であり暮らしが豊かで楽しくなるような環境を設計していくことを目指しています。

その人それぞれにふさわしい場所を、家であっても老後の備えは必要です。
住み慣れた場所で安心して暮らし続けられる環境をつくる。
そのお手伝いをしていきたいと思っています。


☆毎日一つの身体障害者トイレ!平日日刊100WC こちらでご覧になれます。

☆福祉とデザインの融合を目指す!素+象sozou建築設計事務所のHPはこちら

☆素+象sozou建築設計事務所のfacebookページはこちら
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。