RSS
Admin
Archives

素+象sozou建築設計事務所

プロフィール

sozouarc

Author:sozouarc
京都で設計事務所をしています。店舗内装から住宅の設計などなど。住まいや、建物のことで困ったことがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。京都に限らず、呼ばれたらどこへでも行きます!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06
29
Category : 福祉
Theme : 家を建てる
Genre : ライフ
今、老人施設の一つに有料老人ホームがありますが、設置には当然届け出が要ります。
しかし、これを無届けで運営している老人ホームもあります。もちろん、きちんと運営されているところが
ほとんどだと思いますが、中には十分な介護が受けられていないところもあります。

この無届けの有料老人ホームは当然公的には認められていないわけですが、にも関わらず市町村が
その存在を前提として介護の運営を考えている場合があります。
例えば、自分の地区ではお年寄りを受け入れる施設がないために、隣接した地区の有料老人ホームへ
入ってもらうといった具合です。

しかし、隣の地区も介護保険などの負担まで補う財源がないために、そのお年寄りの住民票は自分の
地区に残し、介護保険などの負担は元いた地区で負担します。
この、自分が暮らしていた地区から隣の地区への移動で、
そのお年寄りの方の今までの生活が途切れてしまいます。

しかし、いまこの状態が見直されようとしています。
住民票がない地区の有料老人ホームに入っているのはおかしいのではないかという事です。
本来は暮らしている地区で介護保険などの給付も受けるべきだという意見が出ています。
暮らす場所に住民票があり、介護保険などのサービスを受ける。
当たり前のことですが、中にはそうできない事情もある事も事実です。
この見直しの中で、元の地区と移動先の地区で介護保険等の負担の押し付け合いがおきています。
そりゃあそうですね、住民票がないという事は税金を納めていないわけですから、サービスの負担は当然
元の地区の範疇です。

ここで何が言いたいかというと、
もしも移動先の地区がサービスの負担を断れば、当のお年寄りは元の自分の地区へ戻るのか
という事です。

隣の地区へ移動したときに自分の生活が途切れ、また今移動することになれば再度生活が途切れます。
それはあまりにも気の毒です。

住みなれた場所でずっと安心して暮らしていける

これが、実現されるように
誰のためのサービスかをもう一度考えて頂き、最善の解決策が生まれることを願っています。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。