RSS
Admin
Archives

素+象sozou建築設計事務所

プロフィール

sozouarc

Author:sozouarc
京都で設計事務所をしています。店舗内装から住宅の設計などなど。住まいや、建物のことで困ったことがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。京都に限らず、呼ばれたらどこへでも行きます!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06
21
Category : 福祉
Theme : 家を建てる
Genre : ライフ
突然ですが、「日本は高齢化が進んでいる」とか「日本は高齢者社会だ」とか言う話を時々耳にします。
高齢化率とは「65歳以上の方の全人口に占める比率」で
高齢化社会には実は3段階のステップがあり、
① 高齢化率7%を超えると「高齢化社会」、
② 高齢化率14%を超えると「高齢社会」、
③ 高齢化率21%を超えると「超高齢社会」、
と呼ばれるようになります。
日本の高齢化率は2005年当時で20.1%。間違いなく超高齢化社会へ突入します。
そして、2015年にはいわゆる「団塊の世代」(1947~50年生まれ)と呼ばれる人たちが高齢者の仲間入りをされます。
そうなると高齢化率25%を超える日が来てもおかしくないでしょう。
つまり、4人に一人が65歳以上です。
その高齢者の増加に対して、介護保険などをベースにした高齢者サービスは施設、人材共に明らかに不足しています。
これからは、より身近になってくる高齢者の事についてもっと真剣に考える時代なのかもしれません。
_excerpt_54.png
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。