RSS
Admin
Archives

素+象sozou建築設計事務所

プロフィール

sozouarc

Author:sozouarc
京都で設計事務所をしています。店舗内装から住宅の設計などなど。住まいや、建物のことで困ったことがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。京都に限らず、呼ばれたらどこへでも行きます!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.10
28
Category : 建築
Theme : 建築
Genre : ライフ
オーナーの彼と出会ったのは、かれこれ5年近く前。

その頃彼はまだ別の仕事をしていました。

いつか、今のような仕事をするのでその時は設計をしよう。

そんな話をしていました。


そして、かねてからの予定通り飲食の店を始めます。

でも、最初の店は元々飲食店だったので設計の出番はあまりなし^^;。


そして、3年前今の店を開業!

その時は内装のデザインをさせてもらいました。


そして、そして、そして!

今回、外装をフルモデルチェンジ!

外壁に古材を張り、間接照明を仕込んだ

マスカレードに生まれ変わりました^^。


今回は、工務店の都合で10/27一日で完成させなくてはいけないこともあり

朝の8:30から夜の7:30まで現場つきっきりでああだこうだとやっていました。


それだけに、完成した時は感動もひとしお。

イメージ以上にいい具合に仕上がったと思います。



では、完成からさかのぼる形で写真を紹介!

画像-032

画像-029
夜7時半完成!


画像-026
あともう少しで張り終わり!


画像-025
照明取付完了


画像-024
照明取付中


画像-023
照明取付位置確認中


画像-022
上はほぼ張れました。


画像-021
一枚目の枕木が張れました。


画像-020
工務店の人たちがお昼を食べに行っている間の荷物番^^;


画像-019
少しずつ張ってます。


画像-017
記念すべき一枚目!


画像-016
下地が付きました。


画像-015
下準備中。


画像-014
朝8時半、工事スタート。



朝早くから、暗くなっても作業を続けて頂いた大工さん、電気の職人さんに感謝です!


お店は南森町にあります。

イケメンマスターが出迎えてくれますので、皆さん是非行って下さい!




☆毎日一つの身体障害者トイレ!平日日刊100WC こちらでご覧になれます。

☆福祉とデザインの融合を目指す!素+象sozou建築設計事務所のHPはこちら

☆素+象sozou建築設計事務所のfacebookページはこちら
スポンサーサイト
2013.10
23
Category : 建築
Theme : 建築
Genre : ライフ
少し前に地鎮祭を終え、着工した住宅があります。

定年後の暮らしを見据え、緩やかな段の階段、玄関の段差も低く抑え、

さらには、将来の準備として壁などに手摺がつけられるように下地を入れています。

他には、もしも介助が必要になった時には便所の大きさを広げ、
介護の人が入るスペースを設けられるようにしています。

また、使う材料は合板などを使用しないため、有害な物質が発散せずさらには電磁波の対策も行います。

老後の暮らしにも、健康にも手助けが出来る。

そんな家になればいいなと思い、現在工事進行中です!




S邸現場写真
地鎮祭風景

S邸現場写真
基礎工事風景



☆毎日一つの身体障害者トイレ!平日日刊100WC こちらでご覧になれます。

☆福祉とデザインの融合を目指す!素+象sozou建築設計事務所のHPはこちら

☆素+象sozou建築設計事務所のfacebookページはこちら
2013.10
08
Category : 息抜き
Theme : 最近の出来事。。
Genre : ライフ
生きるというのはどういうことだろう。

瞬間を悔いなく生きるというのはどういうことだろう。

悔いがないというのは自分のまわりの人たちのうちどこまでの範囲の人たちを対象とするのか。


エンジニアとしての技術の追求とそれが戦争に使われていること。その事実と愛する者とのやさしい時間。その間

を行ったり来たりする内に自分の中にある気持ちは揺れ動かないのか。


人生の節目で、これまでを振り返った時、悔いのない人生だったと言えるか。


自分が信じる美学をつらぬき、

それを守るために懸命に生き、

物事があるべき姿を追求し、

それを実現させるための努力を惜しまず、

迷いながらも歩き続けた、

そんな人たちが集まったお話し。


そんな印象を受けました。


そして、時間のプレッシャーや様々な人とのしがらみを抱えながら、

あの様な人間味あふれる話がつくれる監督の努力と才能に感動しました。


最近感じたことを率直に書きました。
表現にばらつきがあって、読みづらいと思いますが
お許しください^^。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。