RSS
Admin
Archives

素+象sozou建築設計事務所

プロフィール

sozouarc

Author:sozouarc
京都で設計事務所をしています。店舗内装から住宅の設計などなど。住まいや、建物のことで困ったことがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。京都に限らず、呼ばれたらどこへでも行きます!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03
13
Category : 福祉
Theme : 最近の出来事。。
Genre : ライフ
もう2週間ほど前になりますが、2/28、3/1と、ユニバーサルミュージアム研究会の会議に参加してきました。

ユニバーサルミュージアムとは、視覚などの障害がある方もそうではない方も共に楽しめる展示を実現したミュージアムで、

この研究会は、その手法などを研究する団体です。

いつもは、大阪の万博公園内にある国立民族学博物館であるのですが、今回は東京の国際基督教大学でありました。

二日間にわたり、数人の発表者が自分の専門分野について話します。

展示品である土器や漆の器に触ってその説明を受けたり、

全盲、弱視などの視覚の障害の程度、障害を持った年齢から出てくる認識能力の違い、

本物とレプリカの位置づけの変化、

大阪の街を視覚障がいの方と散策した時の様子、

センサーで人を検知し、自動的に説明が始まるシステム、

音だけのお化け屋敷

などなど

他にも様々な話がありました。

自分でも、視覚に障害があるに向けて展示会を行いましたが、

改めて、

障がいと言っても個人差があり、一括りでとらえて設計したのでは本当の意味でその方たちのためになるとは限らない。

という事を実感しました。

また、

見えない人も見える人も同じ場を共有して共に楽しむことができる。

という事も感じました。

大変内容の濃い二日間でした。

UM1.jpg

UM2.jpg

UM3.jpg
スポンサーサイト
2014.08
05
Category : 福祉
Theme : より良く生きる!
Genre : ライフ
前回のブログでも書きましたが、私は現在ユニバーサルミュージアム研究会に所属しています。

これは、だれもが触って楽しめる美術館、博物館の展示を研究するチームです。

主催者は視覚に障害がある方ですし、メンバーにも視覚に障害がある方がおられます。

それまでは、自分の身の回りにはそういう方がおられなかったので、お話をするだけで勉強になりますし、

一緒に移動して、時には誘導させてもらえば、その人たちの世界をもう少し覗くことができます。


しかし、ゴールデンウィークに行った、京都ユニバーサルミュージアムではもう少し深く理解する機会を得ました。

視覚に障害があるといっても、先天的と後天的がある。

物を触るにもきちんとした方法がある。

弱視といって少しは見える方と、まったく見えない方がいる。

目が見えない方みんなが点字を読めるとは限らない。


この世界に心得がある方にとっては、当然のことかもしれませんが、

展示空間を考える、展示品を説明する手法を検討しているとき、そして開催中に、

これらの事柄をあらためて強く実感させられました。

目が見えている期間が長いほど、いろんなものを見ていますから、物の形や色などは口頭で説明しても理解してもらいやすいです。

しかし、先天的、または幼くして見えなくなった方はそれが難しい。



展示会が終わった後で、いろんな方の話を聞く機会がありその中で印象的だったのは、

聴覚に障害がある方にも、先天的、後天的な部分で違いがあるということ。

言葉とは、耳で聞き、自分で話して習得していくものだそうです。

ですから、幼くして聞こえなくなってしまうと言葉の習熟度が上達しないことがある。

ある程度、大きくなり言葉も覚えてからだと難しい言葉も理解できる。

私の勝手なイメージでは、展示するときには見えているのだから、文字で説明すれば良いのでは、

と思っていましたが、

説明文の表現も難しいものは避けるなどの配慮が必要なのかもしれません。

いやあ、まだまだ知らないことは多くあり、学ぶべきことも尽きないようです。




☆毎日一つの身体障害者トイレ!平日日刊100WC こちらでご覧になれます。

☆福祉とデザインの融合を目指す!素+象sozou建築設計事務所のHPはこちら

☆素+象sozou建築設計事務所のfacebookページはこちら
2014.07
22
Category : 福祉
Theme : 最近の出来事。。
Genre : ライフ
この間の日曜日は、京都ユニバーサルミュージアムの定例打合せでした。

まずは、ゴールデンウィークに行った、第一回の展示会の反省会と今後への活かし方、

そして、報告書の作成についてでした。

振り返ってみて、私自身の感じたところは、

本家のユニバーサルミュージアム研究会が、だれもが触って楽しめる展示、を追及しているのに対して、

京都UMは、視覚障碍者に伝える展示を目指していたこと。

このずれが、先日の本家UMでの発表でも指摘されたところでした。

改めて、だれもが触って楽しむ

という意味を考えさせれましたし、気づかされた部分でした。

でも、そのずれを指摘されたということは、我々の考えはきちんと伝わっていたことですし、

そこは成功というべきではないかと思います。


また、今回の展示はやはりしっかりとした報告書を作って、みんなに知ってもらうべきだと思います。

そういう声も周りからいただいているので、報告書ができましたら皆さんに見ていただこうと思います。


他には、9/28に難波である、ライトハウス展に出展が決まったこと。

そのセッティングの打ち合わせ。

また、第二回の内容をどうするかなどを話し合っていました。


今回の、打合せ場所は、なんと京都市内のお寺さん。

そこの蔵もなかなか魅力的な場所だったので、

ゆくゆくはそこでも何かしたいなと思っています。


京都UMの今後にもご期待ください。



☆毎日一つの身体障害者トイレ!平日日刊100WC こちらでご覧になれます。

☆福祉とデザインの融合を目指す!素+象sozou建築設計事務所のHPはこちら

☆素+象sozou建築設計事務所のfacebookページはこちら
2014.07
09
Category : 福祉
Theme : 最近の出来事。。
Genre : ライフ
今年のゴールデンウィークに行った、京都ユニバーサルミュージアム。
実は、母体となる「ユニバーサルミュージアム研究会」なるものが存在します。
京都ユニバーサルミュージアムはその京都のメンバーが主体となって行った展示会でした。

この間の日曜日、年に4回あるユニバーサルミュージアム研究会の会議が、万博公園内にある国立民族学博物館
でありましたので、出席してきました。

もちろん、我々の活動を報告発表するためです。

まずは、準備から開催中の話、そしてアンケートの結果報告。
立体コピーの作成プロセス、広報、資金集めの方法などを報告させてもらいました。

um20140707.jpg


報告の後、研究会のメンバーの皆さんから、ねぎらいの言葉とともに様々な意見や提案やコメントをいただきました。

他にも研究会のメンバーお二人の発表もあり、またそれらに対して活発な意見交換が行われ、
大変有意義な時間でした。

次の展示に向けてまた動き出します!

京都ユニバーサルミュージアムのfacebookページはこちら
https://www.facebook.com/kyoto.universal.museum?ref_type=bookmark


☆毎日一つの身体障害者トイレ!平日日刊100WC こちらでご覧になれます。

☆福祉とデザインの融合を目指す!素+象sozou建築設計事務所のHPはこちら

☆素+象sozou建築設計事務所のfacebookページはこちら
2014.05
17
Category : 福祉
Theme : 最近の出来事。。
Genre : ライフ
4/26~5/5のゴールデンウィーク真っ只中に開催していた
京都ユニバーサルミュージアムも盛況のうちに終わりました。
延べで140人ほどの方が来ていただき、貴重なご意見も数多く集まりました。

視覚に障害があっても楽しめる展示

を目指して実験展示をしましたが、
いろいろと貴重なご意見をいただきました。

視覚障がい者の方も数人来ていただけました。
その触る様子は、今後の活動に生かすべく、メンバー一同しっかりと見届けました。

展示テーマは
疱瘡絵
というものでしたが、今回の展示で私も初めてその存在を知り、
その面白い世界にくぎ付けとなりました。

今後の展示の予定も決まり、いまはその準備に追われています。

また、告知をしますので、皆さんぜひおいでください。

準備

展示会設営中。


一人目

記念すべき一人目の来館者^^


ギャラリートーク

研究者によるギャラリートーク


特別講演

特別講演です。


最終日

盛況な最終日でした


おしまい

すべてが終わりました。おつかれさま。


片づけ1

さびしいですが、撤収です。


片づけ2

終わりました。本当にお疲れ様。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。